のあ ※愛川のあ|乳野家

主な出演AV作品

爆乳を強調するような作品に多く出演している愛川のあ。特にパイズリテクニックは凄く、それをメインに作られた作品も少なくありません。爆乳とともに童顔でかわいらしい顔も魅力のAV女優です。

爆乳のあ 揺れるおっぱい 121.5J

乳首セックス三昧 両乳首を摘みながら逝く女

行列のできるパイズリ屋さん 気持ちいい谷間の感触121.5J

宅配パイズリソープ 121.5 Jカップ

在籍店情報

エリア

難波

業種

デリヘル

店名

乳野家

源氏名

のあ

風俗体験談

大阪を代表する歓楽街のひとつである難波において、「かに道楽」や「グリコ」などといった有名スポットの観光を行っていた私。そうしながら考えたことは「大阪にいるAV女優と遊びたいな」ということでした。色々探してみて決めたのは難波デリヘル「乳野家」に在籍している「のあ」ちゃん。「愛川のあ」という名前で活動していたという彼女ですが、私にはあまり記憶にはありません。ただPカップという爆乳は巨乳専門店の中でも目立つものであり、そのときはムラムラしたこともあって彼女にすんなり決めたのです。難波でしっかり腹ごしらえと精力剤の補給を行った私は、「のあ」ちゃんのような爆乳嬢が相手でも頑張れるようなコンディションになっていました。

スリーサイズを見て「ある程度ぽっちゃりとした女の子が来るんだろうな」と考えていた私ですが、対面したときの「のあ」ちゃんは想像を超えていました。確かにPカップの爆乳は迫力十分で服の上からでも目立ちます。そしてコミュニケーション能力が高くてどんどん話しかけてくるので、間が空くこともなく話しやすい女の子と言えました。ただ148センチと小柄であり、胸だけでなく全体的に肉が付いているため豆タンクのような印象。ぽっちゃりな女の子は苦手という訳ではありませんが、思っていた以上だったためちょっと動揺してしまいました。でも彼女自体はしっかりとコミュニケーションを取ってくれて、私とのプレイを楽しむために動いてくれています。そのため私自身も徐々に彼女とのプレイを楽しめるようになりました。

Pカップの爆乳はホルスタインのように少し垂れてはいたものの、触ると「プルンッ」という弾力を感じることができる代物。その爆乳で迫ってくる「のあ」ちゃんの責めは、男性が感じるツボを心得たものでした。キスから始まって乳首をコリコリと責め、乳首やムスコが起ってきたのを見ると今度はパイズリやフェラに移行します。ムスコの裏筋を愛おしそうに舐められるとどんどん大きくなっていきました。そしてムスコがギンギンになってきたのを見計らって、フェラとともにパイズリを開始します。ビンビンになっているムスコを見て恍惚の表情を浮かべている彼女の体温は徐々に上がっていきました。パイズリの摩擦と胸から伝わる熱でどんどん気持ち良くなっていく私。ついに絶頂に達し「のあ」ちゃんの顔に発射してしまいました。それを美味しそうに舐めてくれる彼女。一連のプレイやサービスを体験し、さすがAV女優という感想を持ちました。

関連記事

百合咲〇るみ ※百合咲うるみ|ピンクコレクション大阪